悪徳金融を見分けるポイント

主婦,キャッシング,悪徳金融
主婦が初めてキャッシングを行う際に重要なのはどの金融機関を選ぶかということです。

 

キャッシングを行える金融機関は銀行を始め銀行系や大手の消費者金融などからあまり名の知れない貸金業までたくさんあります。

 

一昔前は計画性のないキャッシングによって借金地獄に陥る主婦も少なくありませんでした。しかししっかりとした計画性を持って確かな金融機関でキャッシングすればそのようなことには決してなりません。キャッシングは利用の仕方によっては家計をやりくりする主婦にとって強い味方になるとも言えます。

 

一時期は電柱や公衆電話ボックスに「他社で借入れを断られた方でも融資出来ます」、「無職でも即日融資可能」というようなチラシが貼ってあるのをよく目にしました。また、電話での勧誘などもありました。健全な金融機関であればこのようなチラシや勧誘は決して行いませんので、これらを行っている業者は悪徳金融の可能性が非常に高いと言えます。

 

現在では貸金業法の改正によって悪徳金融は少なくなったと言われていますが、まったくなくなってしまった訳ではありません。

 

専業主婦の場合、ちょうどお金が必要な時に家に電話がかかってきて甘い言葉で勧誘されるとついうっかり借りてしまったなどということにもなりかねません。

 

また、健全な金融機関の場合は身分証明書の提出や年収の確認などを行ってから契約になりますが悪徳金融の場合は氏名と住所、電話番号の確認だけで即融資となります。

 

これは悪徳金融の手口ですので審査基準の甘い業者からは絶対に借入れをしないでください。ほんの少し借りたお金があっという間に金利で膨れ上がって元金をはるかに超える額を支払わなければならなくなります。

↓一番人気のキャッシング↓