銀行カードローンとは

銀行カードローンは銀行が個人に対して直接貸付を行うサービスのことです。

 

よく銀行系カードローンと混同されるようですが銀行系は銀行ではなく貸付業者になるので銀行とは貸付に関する規制の法律がまったく別のものになります。

 

そのため銀行系カードローンや消費者金融に適用される総量規制が銀行カードローンでは対象外となります。

 

 

このように銀行カードローンは収入の3分の1までの額しか借り入れできないという総量規制の対象外となるため収入の無い専業主婦でも借入れすることが出来ます。

 

また、他の銀行系カードローンや消費者金融では借り入れできなかった人が借入れを行うことも出来るケースがあります。

 

 

貸付に関しても銀行系カードローンや消費者金融のような貸付業では50万円を超える貸付に対しては収入証明書を取得する義務が発生しますが、銀行カードローンでは100万円以下の借入れに対しては収入証明書が原則として必要にはなりません。

 

さらに限度額も消費者金融が300万円から最大で500万円なのに対して銀行カードローンでは500万円から最大で1000万円となっています。

 

 

金利の面でも銀行カードローンと銀行系、消費者金融とは違いがあります。

 

消費者金融の金利の平均が18%ほどなのに対して銀行カードローンは平均15%以下のものが多いという特徴があります。

 

また、返済に関しても銀行系や消費者金融と提携しているATМの利用手数料が発生するケースが多いことに対して銀行カードローンでは手数料が無料となるケースが多くなります。

↓一番人気のキャッシング↓