銀行カードローンのメリットとデメリット

銀行カードローン,メリット,デメリット,主婦,キャッシング
すでに年収の3分の1を超えている借り入れをしている場合は総量規制の対象となる消費者金融からの借り入れは行うことが出来ません。

 

しかし銀行カードローンなら貸金業法である総量規制の対象では無いので、審査結果次第では借り入れすることが可能になる場合があります。

 

銀行カードローンは主婦にとっては非常に便利なキャッシングサービスと言えます。

 

 

銀行カードローンは消費者金融のキャッシングサービスと比べてメリットと言えるものが多くあります。

 

まずその一つに金利があります。

 

多くの消費者金融では金利を18%前後としています。

 

一方銀行カードローンは金利を15%以下にしているところが多くなっています。

 

また、融資限度額も消費者金融では最高500万円としているところが多いのですが、銀行カードローンでは最高で1千万円の融資を受けることが出来ます。

 

さらに銀行カードローンの場合は100万円以下の借り入れであれば収入証明書が不要になります。

 

その上自社のATMはもちろん、提携しているATMであれば手数料も無料になるというサービスがあります。

 

 

このようにメリットの多い銀行カードローンですが、デメリットもわずかながら存在します。

 

それは審査にかかる時間です。

 

消費者金融の多くが審査時間を1時間以内とし、融資も即日となる場合が多いのですが、銀行カードローンは消費者金融と比べて審査に時間がかかる傾向があります。

 

しかし現在では銀行カードローンであっても申し込み時間帯によっては即日融資が可能としているものも登場しています。

 

 

↓一番人気のキャッシング↓