銀行系のキャッシングを利用する

主婦,キャッシング,銀行系
銀行のキャッシングと銀行系のキャッシングは混同されがちですが、まったく違うということをご存知でしょうか。

 

 

銀行系のキャッシングは銀行が直接運営しているのではなく、銀行のグループ会社や傘下の消費者金融によって運営されている貸金業であるため、年収の3分の1までの額しか借りられないという総量規制の対象になります。

 

しかし消費者金融のキャッシングと比べて金利が低く設定されていることから銀行系のキャッシングの人気は根強いものがあります。

 

また、銀行やコンビニのATМを利用しての借入れや返済を行えるため自分が行きやすいATМを利用出来るという利便性の面でも人気があります。

 

 

しかし、金利が低いというメリットがある反面審査が厳しくなっているのも事実です。

 

銀行系キャッシングの審査で重視されるのは借り手に安定した収入があるかどうかです。

 

このため正規雇用の人で毎月安定した収入がある場合は審査に通る可能性は非常に高くなります。

 

また、アルバイトやパートの非正規雇用であっても毎月一定の収入があれば借入れ出来る可能性は高いでしょう。

 

しかし、他の金融機関何社からも借り入れを行っていたり、過去に返済遅延の履歴があったりする場合は審査に通る可能性はかなり低くなります。

 

また、自身の収入が無い専業主婦は申し込みが出来ないこともあります。

 

 

しかし銀行系のキャッシングは利便性や信頼度も高く、長期の借入れを行う場合には安心のキャッシングサービスだと言えます。

 

↓一番人気のキャッシング↓