配偶者貸付とは

銀行系や消費者金融では貸金業法に基づき総量規制が適用されるため収入を証明できる書類の提出が義務付けられました。

 

このため外で働いておらず収入の無い専業主婦はお金を借りることが出来ないということになります。

 

そこで専業主婦でもお金が借りられるように配慮して考え出されたのが配偶者貸付です。

 

 

配偶者貸付を利用すると夫婦の年収の合計の3分に1までの金額を借り入れできます。

 

つまり妻が働いておらず無収入であっても夫の年収が600万円あれば200万円までは借入れでいるということになります。

 

 

配偶者貸付を利用するにはいくつかの書類や証明書を提出する必要があります。

 

まず夫の同意書が必要です。

 

これは信用情報の提供と借金の契約への同意を証明するものです。

 

そして住民票もしくは戸籍抄本です。

 

これは婚姻の事実を証明するものになります。

 

そして夫の収入を証明出来る書類です。

 

このため夫に内緒でお金を借りたい場合は配偶者貸付の利用は出来ないでしょう。

 

 

配偶者貸付を利用するためにはこのように書類や証明書をいくつも提出しなければならない上、金融機関側も確認の手間が増えることから消費者金融では配偶者貸付を行っていない業者が多くなっています。

 

また、妻自身にも安定した収入が無い場合は審査が通らないケースも多いようです。

 

信販系の貸付業者も消費者金融と同様に妻に安定した収入が無いと契約出来ないケースが多くなっています。

 

このため専業主婦が配偶者貸付を利用してお金を借りられる業者はわずかしかありません。

↓一番人気のキャッシング↓