キャッシング審査について

主婦,キャッシング,審査
キャッシングを利用するためには審査に通らなければなりません。

 

ではキャッシングの審査はどのようなことをするのでしょうか。

 

 

まず、最初に行われるのは申し込みが初めてかどうかという確認です。

 

キャッシング審査において一番重要視されるのは信用です。

 

その信用の見極めは過去に借入れがあった場合はその履歴から判断されます。

 

このため貸金業法では完済してから10年間はデータの保管が義務付けられています。

 

以前の借入れの際に返済が遅れたことがあるなど何らかの問題があった場合は審査に通らない可能性が高くなります。

 

 

次は信用情報機関による信用情報の照会になります。

 

信用情報には名前はもちろんのこと住所や勤務先も登録されています。

 

この信用情報と今回の申し込みの内容のチェックが行われます。

 

この信用情報の照会によってキャッシング審査の合否はほとんど決まってしまうようです。

 

 

次に消費者金融などの貸金業では総量規制が適用されるので年収の3分の1の借入れがすでにある場合は新しく借入れすることが出来ないため審査は通りません。

 

他での借入れが無い場合は信用情報と申し込み内容のチェックが終わり次第在籍確認になります。

 

在籍確認は申し込み者が申請書に記入した自宅や職場に本当にいるかどうかを確認する作業が行われます。

 

主に電話での確認になります。

 

しかし電話の際は金融機関名は告げられず、個人名で電話が入りますので家族や会社の人に分かってしまうのではないかという心配はありません。

 

在籍確認の電話があればよほどのことが無い限り審査に通る可能性が高いようです。

 

↓一番人気のキャッシング↓