総量規制対象外となるキャッシングを利用する

主婦,キャッシング総量規制対象外
総量規制の導入により銀行系や信販系、消費者金融などの貸金業に該当する金融機関では年収の3分の1までしか貸付を行うことが出来なくなりました。

 

このため収入の無い専業主婦の借入れは実質不可能になりました。

 

またパートやアルバイトの収入のある主婦でも年収の3分の1以上の借入れを行いたい場合なども不可能になりました。

 

では専業主婦や収入の少ない主婦はキャッシングを行うことは出来ないのでしょうか。

 

 

総量規制はあくまでも貸金業に対して適用される法律であるため、貸金業以外の金融機関には適用されません。

 

つまり銀行や信用金庫、労働金庫、農協などのカードローンは総量規制の対象外になるのです。

 

中でもお勧めは銀行カードローンです。

 

銀行は一昔前とは異なり今では個人向けの貸付を積極的に行っています。

 

すべての銀行ではありませんが、銀行によってはまったく無収入の専業主婦であっても申し込みが可能となるところもあります。

 

審査時間も昔と比べて遥かに短縮されており、申し込みの時間によっては即日融資を受けられる場合もあります。

 

さらに銀行カードローンなら100万円以下の借入れの場合は消費者金融のように収入を証明する書類も必要ありません。

 

みずほ銀行カードローンなどは200万円までなら収入証明が必要ないとしています。

 

さらに限度額も消費者金融よりも高くなっています。

 

 

このような理由から消費者金融や信販系のキャッシングよりも銀行カードローンでキャッシングされる女性が増えています。

↓一番人気のキャッシング↓