専業主婦がキャッシングするには

毎月限られた金額で家計をやりくりする主婦にとって急な出費は本当に頭の痛いものになります。

 

そのような場合キャッシングやカードローンで一時的にお金を借りるという方法がありますが、専業主婦の場合金融機関での借入れがかなり限られたものになります。

 

 

2010年に貸金業法として総量規制が導入されたことによって収入の3分の1までの額しか借り入れすることが出来なくなりました。

 

このため借入れするためには収入の証明書を提出しなければなりません。

 

つまり収入を証明することの出来ない専業主婦は借入れすることが出来ないということになります。

 

 

しかし専業主婦でもお金を借りることが出来る方法があります。

 

それは銀行カードローンと配偶者貸付を利用する方法です。

 

銀行カードローンは貸金業法とは別の銀行法が適用されます。

 

そのため貸金業法に導入された総量規制の対象外となるのです。

 

つまり収入証明書を提出する必要が無いという訳です。

 

このため夫に安定した収入があれば本人に収入が無い専業主婦でも銀行カードローンの契約を結ぶことが出来ます。

 

 

もう一つの配偶者貸付は専業主婦の救済のために取られた策で、夫婦の証明が出来るものと夫の収入証明書があれば収入の3分の1までの借入れが出来ます。

 

例えば妻にまったく収入が無いとしても夫の収入が年に300万円であるとしたら100万円までなら借入れすることが出来るということになります。

 

しかし、配偶者貸付を実施している金融機関はあまり多くないというのが実際のところです。

↓一番人気のキャッシング↓